過去の活動紹介ムービー

2019冨岡勉君を励ます会にて

2016冨岡勉君を励ます会にて

資料集

メッセージ

全世代型社会保障の確立と新産業創出による地方創生に全力投球。希望に満ちた未来を作っていきます。

冨岡勉

日頃より皆様のご支援ご指導に深く感謝申し上げます。

また、このたびの内閣改造により自民党政務調査会副会長を拝命いたしました。これもひとえに皆様のお力添えの賜物と改めましてお礼申し上げます。この役職に恥じないよう政策の遂行に全力を尽くしてまいります。

さて、少子高齢化が加速する我が国において、内閣府が8月に発表した世論調査におきまして、第一に推進してほしい施策は医療・福祉・年金等社会保障の充実であり、このことは国民の多くが将来安心して健康な生活ができるのか不安を感じていることの裏返しでもあります。少子高齢化がピークに達するこの令和の時代。世論調査を待たずとも社会保障の充実強化は我が国の最大の課題であることは言を待ちません。適切なコストでいかに効果的で持続可能な医療・福祉・年金等を運営しこのことを国民に提供していくか。これがすべてです。

そしてこのことを推進していくためには、医師の視点が無くてはならぬものとして施策に投影されるべきだと考えています。私は医師たる自負を持って持続可能な全世代型社会保障の充実・強化に全力を尽くしてまいります。

翻ってふるさと長崎を見ますと、医療・介護・福祉対策はもちろん人口減・流出対策、新幹線問題をはじめ困難な問題が山積しています。

これらの解決方策を一歩でも前進させるとともに、ふるさとの活性化のための新産業創出への取り組みや住みよいまちづくりの実現のため、様々な活動に全力を傾注いたしました。その一端を当レポートにまとめてみました。

今後とも、希望に満ちた令和の時代をつくるため、全身全霊を尽くしてまいりますので変わらぬご支援・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

令和元年10月2日

冨岡勉